スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 涼宮ハルヒの憂鬱

『「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、
あたしのところに来なさい。以上」。入学早々、ぶっ飛んだ挨拶をかましてくれた涼宮ハルヒ。
そんなSF小説じゃあるまいし…と誰でも思うよな。俺も思ったよ。
だけどハルヒは心の底から真剣だったんだ。それに気づいたときには俺の日常は、
もうすでに超常になっていた―。第8回スニーカー大賞大賞受賞作。』


はい、そうなんです。前回に引き続きハルヒネタなんです。
劇場版のおかげで完全にハルヒ(長門?)熱が再燃した次第であります。

今までなんで読んでなかったんだろうと自分でも不思議なんですが、
アニメ→原作ラノベって流れは自分は初めてかもしれない。新鮮です。
アニメでの映像が原作を読んでいるとフラッシュバックされて面白さ二倍増しという感じ。
これは原作を忠実に再現する京アニの成せる業!

で、一巻の感想はというと・・・
朝倉さんって長門のバックアップ役だったんだ!!!(爆)
というか同じ組織だったんだ!!!(爆)


完全に忘れてました。朝倉さんの設定。
アニメ一期はリアルタイムで見ましたから、もう二年以上経っているんですもん。
主要キャラが濃すぎるんですよ。朝倉さんなんてクラスのまとめ役兼マドンナ的存在で、
なんか長門と超能力バトルを繰り広げてたなぁ・・・としか(ぉぃ


次巻は溜息です。映画製作ですね。

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
いとう のいぢ

角川書店 2003-06
売り上げランキング : 681
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
02:25 | ライトノベル
comment(4)     trackback(0)

 劇場版「涼宮ハルヒの消失」を観てきた

自分、アニメから入ったクチでして原作は読んでないんです。
ですから伏線の多い作品なだけに、一抹の不安はあったのですが・・・。

最っ高でした!!

以下ネタバレのようなもの

more... »

03:22 | 雑記
comment(2)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。